【本サイトは自ら修繕委員長を経験したマンション管理士の全記録を元に修繕委員会の運営方法を指南するサイトです。】

 
実録 大規模修繕物語
  • トップページ
  • 実録 大規模修繕物語
  • マンション大規模修繕委員会運営手順
  • 修繕委員長を自ら経験したマンション管理士に相談
  • 運営に関するQ&A
  • お問合せ

 

ホーム > 実録 大規模修繕物語 > 3.住民の合意を取れるアンケート
第十章 劣化診断と防犯診断
全章目次に戻る

3.住民の合意を取れるアンケート

そこで、大規模修繕委員長の山川さんが取った手段を紹介していきます。

合意形成のために、一般的に行われる住民アンケートです。

その内容は、次のようになっています。

このアンケートは、今後の工事方針を左右するものとなるため、非常に大切です。 

そこで山川委員長は、次の手順を取ります。

1、管理会社に指示をして、過去の修繕履歴と過去の総会や理事会で検討に上がったが、

   実施されなかったものをリストアップさせます。
2、それを設計コンサルティング会社に送って、アンケート案を作成してもらいます。
3、大規模修繕委員会を開催し、説明を行い、修正を行います。

その委員会で、次のような心配の声が上がります。
「過去の検討項目は、その時の経緯を忘れている人が多いと思うし、

改良・グレードアップ検討項目は、具体的なイメージがわかなかったり、

必要性について、素人では判断できないよね〜」

 

そこで、山川さんは、マンション管理士としての見識を活かして、

修繕検討項目ごとにその内容の詳細と優先度に関するコメントを作成し、アンケートに添付するのです。

4、上記2については、項目ごとに過去の検討経緯や内容を書くと共に、

今回の工事における優先順位を「高・中・低」の3段階で評価します。

この評価は「マンション管理士からのコメント」と言う権威付けをします。

 

たとえば、次のような記述です。

【オートロックシステムの交換】
■修繕検討項目の内容
平成○○年の総会で大規模修繕の話題が上った際に、現在の鍵による開錠方式は劣化しやすく、

定期的な修理が生じているため、指紋錠やICタグキーなど、

最新のオートロックシステムへの変更の意見が出されました。
■マンション管理士からのコメント
*優先順位=高
方式が古く、定期的な修理代もかかることから、維持管理が容易で、

セキュリティ機能がアップしたシステムへの変更が望まれます。

【地上デジタル放送対応工事】
■修繕検討項目の内容
平成○○年の定期総会で対応工事が議案となりました。

定期総会時に出席者に対して地上デジタル放送の視聴状況を聞いたところ、

一部のチャンネルで映りが悪いものの、概ね支障が無いとの意見から対応工事は見送りとなっています。
■マンション管理士からのコメント
*優先順位=低
今後、本格実施により、電波そのもの改善が行われる可能性が高いので、

現時点で対策することは、早計だと思われます。

これによって、住民が判断しやすくなり、合理的な合意形成につながります。

 

そして、アンケートが全戸に配布されました。

 

ページの先頭へ

第十章 劣化診断と防犯診断 目次

全章目次に戻る

 

 

 

ページの先頭へ
ホーム | 実録 大規模修繕物語 | 修繕委員発足手順 | マンション管理士に相談 | Q&A | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問合せ | 会社概要 | 関連リンク・免責事項

本サイトは、株式会社SDIが運営しています。

〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国1丁目7-7レジダンス牧主310 TEL:090-8866-4076 担当者:長尾

Copyright © SDI Co.,Ltd. All Rights Reserved.